アメリカでは安全性が保障されている老眼治療

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

老眼 治療

ビル

アメリカでは安全性が保障されている老眼治療

おそらく誰もが悩むであろう老眼という老化現象。
この老眼を治療する最新の治療方法があります。
それが「伝導性角膜形成術」という治療法です。
この治療法は3分から5分で終了し、その日のうちに帰宅することができます。
治療の流れとしては、1.まず点眼麻酔をする。
2.目の中心に合わせて角膜の外周にマーキングする3.マーキングの必要箇所にラジオ波をあてる4.目薬の点眼こんなに簡単な工程で老眼のわずらわしさから解放されるわけです。
ラジオ波とは高周波エネルギーですが、このラジオ波を角膜にあてることによって、角膜のコラーゲン組織を収縮させることができます。
この収縮によって角膜にカーブができ、角膜がレンズの役目を担うというわけです。
この老眼治療とはまだ日本では広く知られていませんので不安もあるかと思いますが、日本で言う厚生労働省にあたるFDE(米国食品医薬品局)によって正式に認可され、アメリカでは安全性も保障されている老眼治療なのです。